技術と機械の最近のブログ記事

大洋印刷 S&D事業部
2017 december

大洋印刷のエコソルベントインクジェットは、9色+ホワイトインク、メタリックシルバーを搭載した高画質モデルのプリンターです。
専用のロール素材を使用し、ロール巻取り方式を採用しています。
紙にもプリントできる為、駅貼り等の大型ポスター出力にも適しています。

20171130_1.png

高画質&高速プリントを実現

高密度ヘッドの採用により、高い出力解像度を実現。粒子感や細部の表現、文字品質など高画質な出力を可能にしました。
写真プリントに有効なグレーインク、特色対応に有効なオレンジインクを搭載し、更なる高画質プリントを追及しています。

20171130_3.png

使用用途

サイン&ディスプレイ全般、屋内サイン、屋外サイン、電飾サイン、ウィンドウディスプレイ、ステッカー、ラベル、大型バナー、垂幕、タペストリー、カーラッピングなど…
無人出力でロール1本分まで出力可能なため、高画質なプリントを低価格で可能にしました。

20171130_2.png
S&D部 小林

弊社は、エコソルベントインクジェットとUVインクジェットを保有しています。
エコソルベントインクジェットは高精細・高画質・色の再現性を生かし、今まで代替が困難だったデジタル銀塩プリントと同等の高画質を実現し、化粧品やジュエリーなど内照パネルの製作も可能です。
また、UVインクジェットはインクの濃度感やグロス感、インクの厚盛り等それぞれの特性を生かし、これからもお客様の要望にお応えできる製品をつくり続けていきたいと考えています。

  • to top

グラフィック社『デザインのひきだし27』
大洋印刷 河合剛ほか

20160303_01.jpg
2016年2月に発売された『デザインのひきだし27』


「印刷なんてどこも変わらないから、価格の安い会社に頼もう。ネットでいいんじゃない —?」いやいや、この本を読んだ後でも同じことが言えるでしょうか。グラフィック社から出版されている「デザインのひきだし」の新号がいよいよ発売。特集は『現代印刷美術大全』。自社で一番得意な印刷加工の刷り本を集めて、110種類にのぼる印刷サンプルを綴じ込んだもの。つまり、いまの印刷技術の結晶のような冊子なのです。この冊子に大洋印刷も参加させていただきました。

すごいんです、デザインのひきだし27。ページをめくる度に初めて見る加工や、考えもつかないような印刷のテクニックが溢れでてくる。この本には大洋印刷も、負けじと刷り本の提供をしています。50、51ページです。たくさんの手段から選び出したテーマは「印刷することでしか見えない世界」。データ上では姿を現すことのない図柄や文字を、印刷ならではの表現で浮かび上がらせている。どうして、この表現に行きあたったのか。プロジェクトリーダーである河合をはじめ、制作に携わったメンバーに話を聞いていきます。

  • to top

大洋印刷 S&D事業部



[60秒ムービー]ホワイトインクにも対応している大洋印刷のUVインクジェット


水と空気以外は何にでも刷れる

大洋印刷のUVインクジェットは「水と空気以外は何にでも刷れる」と言われるほど高水準に進化した印刷技術です。


  • to top

Popular Posts

Recent Entry

大洋印刷株式会社

TAIYO NEWS
RSS