わたしの印刷の最近のブログ記事

営業部 小川です。
7月に入り、少しずつですが普段の生活を取り戻してきたかなと感じるようになりました。
皆さま、お変わりないでしょうか?

私の子供も久しぶりの保育園となり、初日はとても心配していたのですが、心配ご無用! と言わんばかりに毎日しっかりと登園しています。やはり友達や先生と会えるのが楽しみなようで、改めて保育園の有難みを実感している今日この頃です。

4月・5月の外出自粛期間中の生活は公私ともに今まで経験したことのない日常でした。コミュニケーションの量や質の変化は、働き方にも大きく影響したのではないでしょうか。
私の所属する営業部としてはオンラインを通じて、打合せや色校正をしているものの、やはり慣れないせいかお客様との距離を感じるが故に何だか希薄な関係になりつつあると感じていました。

こんな時だからこそ、
「自分にできることはないか」
「苦境を乗り越えるために何かできないか」
「今私たちが作れるものってなんだろう」
と悶々と考える日々。

そのような外出自粛が続くある日、
某お菓子メーカーで働いているご近所さんが「もしよろしければお子さんとご一緒に!」とお菓子詰め合わせを届けにきてくれました。 そこには私が小さい頃によく食べた(今でも変わらず食べます笑)大量のお菓子が。
子供からすると夢のようなサプライズプレゼントで、大喜び!
そんな子供たちの笑顔を見たとき、私自身が改めてそのメーカーのファンになっていました。

なんというか……
お菓子を買うときはそのメーカーのものにしよう!みたいな(勝手に贔屓? もちろん頂いたご近所さまにも感謝です。。。)

その時、私たちが今出来ることを身近な人にシェアしたい!
そして私たちの“印刷”で楽しんでもらいたい!
と強く想いました。

そこで考えたのが“こんな時だからこそできる、記憶に残る印刷物(=インプリンティング)を作れないか”というものです。情報媒体としての印刷物ではなく、その時の状況や記憶も併せて紙に刷り込むことができたなら、忘れられない印刷物が出来るのではないかと思いました。ご家族や知人とおうち時間を楽しめるコースターとランチョンマットの「#おうちカフェツール」を制作しました。

デザインはこの企画に賛同してくれました、お取引のあるデザイナーさまたち。本当に素敵なデザインをありがとうございます!!
制作は色校正なしの一発勝負!
指定頂いた特色も用紙に印刷したときの色の沈み方をイメージながら練り上げます。
「用紙:特Aクッション 1.0mm厚」に「早くコロナウイルスが収束しますように…」と願いを込め、ハイデルベルグの活版印刷機にて一枚一枚丁寧にプレスしました。

出来上がりは弊社 社員へ「素敵なおうち時間をお過ごしください」とのメッセージと共に配布させて頂きました。
 

【作品】


SOCIAL DISTANCE ♪ 2m ♬


コピー「家で過ごす時間が増えた。 食生活を整えられたし、気になっていた映画も観れた。掃除だってできた。んーでも足りない。やっぱり晴れた日は外が気持ちいい。街と自然と人と関わっていないと。だからこれからを楽しむことにした。」とても前向きな気持ちになれます!


思わず、〇〇!としたくなるコースター!


毎日自炊。毎日「THINK GOHAN」していました。

デザイン:BAU広告事務所




かわいいランチョンマットとコースター。
色の重なりがきれいです。



空押しと薄いグレーで構成。よく見ると...「A CUP OF PEACE」の文字が!

デザイン:東京アドデザイナース


もちろん、ご協力いただきましたデザイナーのみなさまへもお渡しを。
「活版を扱える機会はそれほどないので、とても楽しい制作でした。」「次回も楽しみにしています!」との声を頂き、改めてやって良かったなと思いました。


弊社 社員で楽しく使っています!(サイズが...笑)


こんな時こそ、モノつくりの楽しさを発信できる会社に!

  • to top

取材先:居酒屋『月島 鶴ちゃん』岩崎誠さん、岩崎実さん
大洋印刷 営業部 小林孝、プリプレス部 デザイン課 岩滝英夫

20150731_a.jpg
自ら企画・デザインしたTシャツを着る岩滝(左)と小林(右)


「これが僕が憧れた月島の夜景だったんですよ。この風景を見てこの街に引っ越すことを決めたんです。」大洋印刷の小林は熱く自分の想いを語っている。そこにオーナーの岩崎誠さんが返す。「僕が幼少の頃は佃大橋も中央大橋もなかったんだ。この勝鬨橋だけだったんだよ。」月島で生まれ育った人間と、月島の魅力に導かれて新しく居を構えた人間とが、Tシャツの図柄について話し合っている。地元を盛り上げるためのTシャツづくり。今回はその打合せをしている居酒屋『月島 鶴ちゃん』にお邪魔させていただいた。

西仲通り商店街、通称『もんじゃストリート』を進んでいく。昭和のレトロな看板建築を残した店舗が軒を連ね、基盤の目状に交差する細長く古い長屋が路地裏を構成している。住戸には必ずといっていいほど植木鉢が置かれ、毎朝水をやる穏やかな光景を想像することができる。そんなしっとりとした空気の中を5分ほど歩くと、参番街にある『月島 鶴ちゃん』にたどり着いた。オーナーは岩崎誠さん(以下、鶴ちゃん)、店長は鶴ちゃんの実弟である実さん(以下、店長)。店舗はいわゆる「月島らしい」雰囲気からは遠く、独特の佇まいを見せている。

  • to top

JUN × JUN子

ジュン ECOLO Me POP / JUNRed Tシャツパッケージ
大洋印刷 営業部 澤石純子

jun.jpg
左 エコ素材のPOP / 右 T シャツ・CDと台紙 を脱気パッキング

紙に刷るだけじゃない"印刷"も、けっこうイケるんです。

ジュンさんはアパレルブランドを数多く抱え、すてきなカフェやゴルフ場などの経営もされている会社です。フライヤーやDM など印刷物のご依頼もさることながら、店頭の販促物やパッケージもお声がけいただいています。

ジュンさんは「ECOLO Me」と称して、ショッピングバッグが不要のお客様へ『簡易包装』をおすすめしたり、ショッピングバッグも焼却時にCO2 の発生を抑える素材を採用するなど、地球のためにできるエコ活動を行っています。
その活動の促進のために、店舗のレジ脇に置くPOP をつくりたいと依頼がありました。

  • to top

ロジエ AW三つ折ミニパンフ
大洋印刷 営業部 原口みなみ

20101215_111.jpg
ギフト商品の企画・開発・販売をしているロジエさん

ロジエさんへの想いは深いです

ロジエさんとは、2009年の秋冬カタログの制作からお仕事させていただくようになりました。
商品企画の古川さんをはじめ、皆さんの情熱に影響されながら制作をサポートさせていただいています。
カタログ掲載商品を撮影するカメラマンの手配やギフト包装紙の用紙選び、WEB制作など企画段階から関われていることもあって、ロジエさんへ想いは深いですね。

このミニパンフを作るときは "コピーを手描きにして手作りの雰囲気をだしたい" というリクエストでした。

  • to top

女子美術大学創立110周年記念 佐野ぬい展 ー 110夜(Nuit)を越えて ー
大洋印刷 営業部 小林孝

nuiblue.jpg佐野ぬい・女子美術時代作品

60年前に彩った、色の鮮やかさを求めて

佐野ぬい先生は新制作協会会員として活躍されていて、女子美術大学の学長でもあります。独特な"ぬいブルー"といわれる青を主調とした作品を多く発表し、「青の画家」と称されています。

今回、主催の髙島屋 美術部さんから招待状の制作依頼を受けました。
髙島屋さんとは長くお付き合いさせていただいていることもあり、メインイメージ(記事上部のブルーの作品)の色出しはお任せいただいていました。
しかし校正をご覧になった佐野ぬい先生が「イメージと違う」とおっしゃったと連絡がはいりまして、

  • to top

クオラス『Nine The Musical』広告制作
大洋印刷 営業部 松本将次

Nine The Musical B2ポスター
赤メタリックの箔が押されたB2ポスター

やってできないものはない。気軽に引きうけた(笑)

-- 受注に至るまでの話をお聞かせください。

クオラスの麻田さんから『Nine The Musical』の広告制作の一切をまかせたいとお話しいただきました。
いつもの調子でやってできないものはない精神で気軽に引き受けたましたが、考えてみるとエンタテイメントの制作は初めてでした(笑)。
舞台が始まる6ヶ月前に、ビジュアル制作・撮影を終えなければならないというもので、まだ舞台が全く出来ていない段階で告知チラシ・告知ポスター・販売カタログを制作していくもの。
コンセプトがしっかりしていないと後でかなり混乱するな、と思いました。

-- どこから取りかかったのですか。

まずはアートディレクター(以下AD)の選出から。

  • to top

Popular Posts

Recent Entry

大洋印刷株式会社

TAIYO NEWS
RSS